ネーミングで決まるかもしれない会社の行く末

株式会社は同じ地域で同じネーミングの社名を付けることができません。そういう意味では事前によく調べなくてはならず、社名を付けるのは少し大変です。これから独立して小さいながらも会社を興そうとするのなら、このあたりをいろいろ考える必要があります。その時々のトレンドとなるキーワードがありますので、チャンスがあれば、そういうキーワードを使うのがいいでしょう。そういうキーワードは全国的に注目されています。うまくいけば名前だけで宣伝効果を得ることができるでしょう。会社の営業にもいい影響がでてくることが期待できます。ネーミング1つで明るい兆しが見えてくることもあるのです。これからの時代、IT的なイメージの社名はどうどうでしょうか。まずは時代を感じさせる言葉をいろいろ調べるのも悪くないでしょう。ここから会社の歴史が始まります。

ユニークなネーミングが会社にとって有利

小さな株式会社の誕生の話を聞いたのですが、ネーミングからコーポレイトアイデンティティまで全部含めて企画会社にお任せしたそうです。全部で100万円にはならないような額というコストがかかったそうで、こういうことにもお金はかかるのだなぁと感心しました。これからの時代の会社のネーミングとはどういう形で捉えるべきでしょう。今はネット社会で認知されることが大きな影響を与えそうです。短期的にSEOを有効にしたホームページで広告することも必要でしょう。思い出していただきたいのは、ありきたりの言葉は検索しにくいことがあるという事実です。つまりユニークなネーミングが検索に有利だということです。意外と検索で会社のことを知ってくれる人も多いのかもしれないので、ユニークな社名になっているのかいろいろ調べてみるのもおすすめです。

会社のネーミングはどうやって決めているのか

あなたは会社のネーミングをどうやって決めているのか知っていますか。決め方のパターンは大体二つに分かれます。まず一つ目のパターンは、会社を立ち上げる人達が考えます。二つ目のパターンは第三者に案を出して貰って、その中から良いネーミングを選んで決定するのです。実はその第三者には誰でもなることが出来ます。なぜかというと法人などの依頼主が、商品やグループ名等を募集する会社があるからです。その募集しているサイトは有名なのがいくつかあり、自分の提案が選ばれると謝礼が貰えます。そのため主婦やサラリーマンなど、お小遣い稼ぎに依頼を毎日こなす人も沢山います。選ばれたときに貰える謝礼は一万円から二万円が相場のようです。私はいくつかの依頼に応募して一つの提案が選ばれたことがありますが、それだけで二万円の謝礼を頂くことができました。しかし自分の提案が選ばれた事よりも、これからずっと自分の考えた名前が使われていくんだと考えたら嬉しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です